新年あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。
日頃より全国防水工事業協会近畿支部の活動に対しまして、皆様のご協力を賜り心から感謝申し上げますと共に、深く敬意を表します。
昨年は11月8日(水)に、かねてより準備をすすめておりました、7年に一度の近畿支部物故者諸霊慰霊祭を、大阪・四天王寺本坊にて無事執り行うことができました。荘厳かつ厳粛な法要の祭主を務めさせて頂き、この防水業界で活躍・貢献してこられた方々を偲ばせて頂くうちに、感慨無量なるものがございました。これもひとえに、皆様のご協力のおかげと厚く御礼を申し上げます。
また昨年12月4日(月)には、国土交通省 近畿地方整備局との初の意見交換会を近畿支部にて開催致しました。当日は、建政部 建設産業調整官 永富 栄三氏、建政部 建設産業第一課 課長補佐 川内勝嘉氏、一般社団法人 大阪府建団連 事務局長 藤川義治氏の三名をお招きし、支部役員出席者との間で活発な意見交換がなされました。
かねてから大きな問題であった社会保険未加入問題の建設業における現在の加入状況とそれにより建設工事に及ぼす影響について、また、わが防水工事業を筆頭に雨天に作業ができない業種における週休2日の問題と対策について、そして、登録防水基幹技能者の資格活用方法について等、こちらの質問事項にはご準備頂いた資料等をもとに解説頂き、並びに後日まで持ち帰り頂いた事項もございました。
意見交換会は非常に有意義なものでありました。今後も定期的に実施し、防水業界の率直な意見を積極的に投げかけていきたいと考えております。
本年2月22日には、今回大阪におきまして、防水施工管理技術者試験が実施されます。ご自身の技能スキルの確認や向上の為にも、受験資格を有される方は是非受験されることをお勧めします。
最後になりましたが、2018年が会員の皆様にとりまして、お健やかでご多幸のあられますよう祈念いたしております。業界における防水工事業の地位向上という私たちの夢は、皆様の協力があればこそ実現するものと信じております。まずは目の前の課題にひとつひとつ着実に取り組んでいきましょう。どうか皆様、今年もよろしくお願いします。

平成30年1月5日(金)
一般社団法人 全国防水工事業協会 近畿支部
            支部長 山﨑 睦治